店長ブログ(アブラハム・マズロー)

札幌女性用風俗 癒しの門 てんちょ8条

癒しの門ではレンタル彼氏としてご利用いただけるデートコースを用意しております。

初回は半額で超お得にご利用いただけますので、ぜひ性感前にお試しください^^

さらに、随時セラピスト求人中です!きたれ!輝くセラピスト!

 

本日のタイトル(アブラハム・マズロー)

アメリカの心理学者で、人間の心理的な欲求や動機づけに関する研究で知られていますね。

彼は心理学の分野に多大な貢献をし、特に「欲求階層理論」は超有名ですよね!

 

私、哲学もそこそこ好きなんですけども、心理学も実はそこそこ好きなもんで

なんで好きなのかというと、普段から自分の心理的状態を言語化するように心がけているんですけども

例えばイライラしてる時、なんでイライラしているのか自分自身を分析することによって、そのイライラをキープすることの妥当性について考えてみるんですね〜

最終的には「イライラするほどのことじゃなかったな」なんて自己完結ができる場合がありますし、自己完結できなくても何かしらの糸口が見えてきたりするので、好きな作業です。

その過程で、ネットの力を借りるんです。なぜこのような心理状態になるのか調べるんです。

すると、マズローさんにぶち当たることが割とあるんですね。

こんな感じで哲学にもぶち当たるんですが・・・。

 

読者の皆様は自分の心理状態を分析していますか〜??

ただでさえ生きにくいご時世。少しでも快適に生きたいでよね。

なんで分析が必要なんだよ!!なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんが、そのことについてもちゃんと触れられているのでご安心を。間接的な触れ方ですけどね。

マズロー氏の提唱概念で有名なものをいくつか紹介して終わりにしたいと思います。

 

  1. 欲求階層理論 (Maslow's Hierarchy of Needs):
    • マズローの最も有名な概念の一つで、人間の欲求を階層的に表現したものです。理論的には、最も基本的な生理的欲求(食事、睡眠など)から始まり、安全、愛と所属、尊重、自己実現の段階に進んでいくとされます。この理論は、人間の動機づけや幸福に関する理解に大きな影響を与えました。
  2. 自己実現 (Self-Actualization):
    • 人が自分の潜在的な能力を最大限に発揮し、個人的な成長と達成を追求する状態を「自己実現」と呼びました。この概念は、個人の目標設定と成長に焦点を当て、自己実現の過程を重要視しました。
  3. 欲求の満たし合わせ (Synergy of Needs):
    • 異なる欲求が連携し、同時に満たされることで、個人の幸福感が高まると提唱しました。例えば、愛と所属の欲求が尊重の欲求と組み合わさることで、より充実感を得るという考えです。
  4. 自己決定論 (Self-Determination Theory):
    • マズローの考え方は、後に自己決定論として発展しました。自己決定論は、人間の行動と動機づけにおいて、自己決定性を重視し、内発的動機づけと外発的動機づけの関係を探求しました。
  5. B説 (B-Cognition):
    • マズローは「B説」と呼ばれる概念を提唱し、人間の価値観や信念が行動に影響を与えると考えました。この概念は、後の人格心理学やポジティブ心理学に影響を与えました。

 

簡単にいくつか紹介しましたが、よく聞く概念もあったのではないでしょうか??

自分の心理状態の分析ってそこそこ楽しいのでぜひ(╹◡╹)

 

それでは次回の店長ブログもよろしくどうぞ〜

前の記事・後の記事

店長ブログ(アブラハム・マズロー)

札幌女性用風俗 癒しの門 てんちょ8条

癒しの門ではレンタル彼氏としてご利用いただけるデートコースを用意しております。

初回は半額で超お得にご利用いただけますので、ぜひ性感前にお試しください^^

さらに、随時セラピスト求人中です!きたれ!輝くセラピスト!

 

本日のタイトル(アブラハム・マズロー)

アメリカの心理学者で、人間の心理的な欲求や動機づけに関する研究で知られていますね。

彼は心理学の分野に多大な貢献をし、特に「欲求階層理論」は超有名ですよね!

 

私、哲学もそこそこ好きなんですけども、心理学も実はそこそこ好きなもんで

なんで好きなのかというと、普段から自分の心理的状態を言語化するように心がけているんですけども

例えばイライラしてる時、なんでイライラしているのか自分自身を分析することによって、そのイライラをキープすることの妥当性について考えてみるんですね〜

最終的には「イライラするほどのことじゃなかったな」なんて自己完結ができる場合がありますし、自己完結できなくても何かしらの糸口が見えてきたりするので、好きな作業です。

その過程で、ネットの力を借りるんです。なぜこのような心理状態になるのか調べるんです。

すると、マズローさんにぶち当たることが割とあるんですね。

こんな感じで哲学にもぶち当たるんですが・・・。

 

読者の皆様は自分の心理状態を分析していますか〜??

ただでさえ生きにくいご時世。少しでも快適に生きたいでよね。

なんで分析が必要なんだよ!!なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんが、そのことについてもちゃんと触れられているのでご安心を。間接的な触れ方ですけどね。

マズロー氏の提唱概念で有名なものをいくつか紹介して終わりにしたいと思います。

 

  1. 欲求階層理論 (Maslow's Hierarchy of Needs):
    • マズローの最も有名な概念の一つで、人間の欲求を階層的に表現したものです。理論的には、最も基本的な生理的欲求(食事、睡眠など)から始まり、安全、愛と所属、尊重、自己実現の段階に進んでいくとされます。この理論は、人間の動機づけや幸福に関する理解に大きな影響を与えました。
  2. 自己実現 (Self-Actualization):
    • 人が自分の潜在的な能力を最大限に発揮し、個人的な成長と達成を追求する状態を「自己実現」と呼びました。この概念は、個人の目標設定と成長に焦点を当て、自己実現の過程を重要視しました。
  3. 欲求の満たし合わせ (Synergy of Needs):
    • 異なる欲求が連携し、同時に満たされることで、個人の幸福感が高まると提唱しました。例えば、愛と所属の欲求が尊重の欲求と組み合わさることで、より充実感を得るという考えです。
  4. 自己決定論 (Self-Determination Theory):
    • マズローの考え方は、後に自己決定論として発展しました。自己決定論は、人間の行動と動機づけにおいて、自己決定性を重視し、内発的動機づけと外発的動機づけの関係を探求しました。
  5. B説 (B-Cognition):
    • マズローは「B説」と呼ばれる概念を提唱し、人間の価値観や信念が行動に影響を与えると考えました。この概念は、後の人格心理学やポジティブ心理学に影響を与えました。

 

簡単にいくつか紹介しましたが、よく聞く概念もあったのではないでしょうか??

自分の心理状態の分析ってそこそこ楽しいのでぜひ(╹◡╹)

 

それでは次回の店長ブログもよろしくどうぞ〜

前の記事・後の記事